• 右奥の建物の中に子どものための博物館「キッズプラザ大阪」がある
  • 音声ガイドあり
  • 第五十一景

あれこれ「巨大」な繁華街のオアシス

扇町公園
大阪市北区 扇町1-1
入園自由

知られざる「巨大」な歴史も魅力の一つ

1923(大正12)年に開園した扇町公園。梅田と天満の、繁華街の間とは思えない広々とした敷地には巨大な滑り台があり、子どもたちに大人気。しかし、「巨大」なのはこれだけではありません。人々の記憶に残る巨大なものが昔にもあったのです。

illust

約100年の歴史を持つ都市公園

 扇町公園ができたのは、大阪が東京を抜いて日本一の都市へと発展する時期。界隈が市街地化する中で、都会にふさわしい景観を作ろうと市民憩いの場となる都市公園ができました。
 約7ヘクタールの開放的な空間には大型遊具、大きな広場、市民プールなどがあります。遊具に夢中の子どもたち、散歩を楽しむ家族連れや年配の夫婦、お弁当をベンチで広げる会社員、ひと息入れるランナーたち。幅広い世代が思い思いに過ごせる場所です。

子どもの人気ナンバーワン!
スリル満点すぎる巨大滑り台

 子どもたちに絶大な人気を誇るマウンテンスライダー。小高い丘から何本ものスライダーが出ていて、長いものは全長10メートル、その迫力に子どもたちは大興奮!でも降り口はすべて砂場になっているので安心。はしゃぐ子どもの姿につい一緒に来た親たちまで滑りたくなるとか。

illust

「フジヤマノトビウオ」も活躍
日本中を熱狂させた巨大プール

 かつてここに東洋一の規模を誇った「大阪プール」がありました。戦後間もない1950(昭和25)年8月、日米国際水泳選手権の開催に向けて、約2万5千人収容のスタンドを持つ50メートルプールができました。この大会で、「フジヤマノトビウオ」と呼ばれた古橋広之進選手らが活躍し、日本中を熱狂させました。
 老朽化のため1997年に港区の八幡屋公園に移転するまで、集会や演劇の舞台にもなりました。公園にある不思議なオブジェはその名残。実際に使われていた飛び込み台(競泳スタート台)が南西入口に残っています。

写真上:1950(昭和25)年の写真。馬蹄形スタンドが観客で満員になっている
写真下:意外と見過ごされがちな、かつての飛び込み台

photo